マンション売却における一般媒介契約と専任媒介契約のメリット&デメリット





不動産査定・売却
 » トップページ『マンション売却に強い不動産査定サイト』

マンション売却における一般媒介契約と専任媒介契約のメリット&デメリット

マンションを売却すると決めたら、その売却活動を不動産会社に依頼する方がほとんどです。 基本的には査定をいくつかの不動産会社にしてもらって、査定額や条件などの合うところをその中から選んで、その会社に販売活動をしてもらいます。 まだ査定を行っていない人は、まずはこちらで査定してみてくださいね。 その中の不動産会社を比較して依頼するところを選ぶのが一番効率よく動く事ができますよ。 さて、不動産会社に自分のマンションの販売活動を代理して行ってもらう為には、媒介契約を結ぶ必要があります。 自分のマンションを売ってもらう活動をしてもらう代わりに、その不動産会社が契約をまとめてきたら報酬を支払いますという契約ですね。 その契約の中には、一般媒介契約と専任媒介契約があります。 実際に契約をする時にその違いを説明してもらえますが、事前に自分の頭の中にそのメリットとデメリットを入れておくと良いでしょう。

一般媒介契約の特徴とメリット&デメリット

この契約が不動産売却においては一番利用される契約です。

一般媒介契約のデメリット

まずデメリットから見ていきましょう。

レインズへの登録義務が無い

レインズとは不動産流通標準情報システムの事で、国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営しているシステムの事です。これには沢山の不動産情報が掲載されていて、不動産を買いたい人は必ずチェックしているものです。 それに掲載する事で自分の物件情報を色んな人に見てもらうことができるのですが、一般媒介契約ではレインズへの登録義務が不動産会社にはありません。

販売活動の報告義務も無い

実際にどんな風に販売活動を行なっているのかこまめに報告してもらえると安心できるものですが、一般媒介契約ではその報告義務も不動産会社にはありません。 もちろん全く何も報告してこない不動産会社はあまり無いのですが、本当にちゃんと動いてもらっているのか、自分から確認しない限り向こうには報告の義務は無いのです。

不動産会社が本腰を入れにくい

一般媒介契約のメリットでもあるのですが、これは複数の不動産会社と契約する事ができます。 報酬は買主を見つけてきた不動産会社にしか支払われませんし、特に期限も無いのでなかなか不動産会社が本腰を入れて真剣に販売活動をしにくいのもデメリットですね。

一般媒介契約のメリット

次にメリットとしては、

  • 複数の不動産会社と契約する事ができる
  • 自分で買主を見つけてきてもOK
  • というところにあります。 上に書いた通り複数の会社と依頼する事ができるので、それだけ販売活動の幅を広げることができますし、ひょんな事で自分の知人に買ってもらう話が出てその人に買ってもらう事を決めたとしても、特に支障はありません。

    専任媒介契約の特徴とメリット&デメリット

    次に専任媒介契約を見ていきましょう。 専任媒介契約には専属専任媒介契約と専任媒介契約の2つがあります。

    専属専任媒介契約のデメリット

    それではまずは専属専任媒介契約のデメリットを見てみましょう。

  • 1社としか契約できない
  • 自分で見つけてきた人には売ることができない
  • 専任媒介契約のデメリット

    次に専任媒介契約のデメリットです。

  • 1社としか契約できない
  • 専属専任も専任も、1社としか契約できないというところがデメリットです。 そして専属専任は自分で買主を見つけてくることもNGなので、その不動産会社の活動全てにかかっています。専属専任媒介契約を結ぶ時は不動産会社選びを慎重に行いたいところですね。

    専属専任媒介契約のメリット

  • 契約日から5日以内にレインズへの登録義務がある
  • 1週間に1回以上依頼者への報告義務がある
  • 3ヶ月という期限があるので、不動産会社が本腰を入れやすい
  • 専属専任媒介契約を結んだら、5日以内にレインズにマンションの情報を登録する必要があり、登録しましたよという証明書も依頼者に発行する必要があります。 また、1週間に1回以上依頼者に活動状況を報告する義務があるので、依頼者としては安心ですね。 また3ヶ月という期限があるので不動産会社には本気で販売活動をしてもらう事ができます。 他に競合がいない分、自分たちが頑張れば確実に報酬が入ってくるという保証があるので、不動産会社としては本気で販売活動をしても損はありませんよね。

    専任媒介契約のメリット

  • 契約日から7日以内にレインズへの登録義務がある
  • 2週間に1回依頼者への報告義務がある
  • 3ヶ月という期限があるので、不動産会社が本腰を入れやすい
  • 専任媒介も専属専任とほぼ変わらないのですが、レインズへの登録義務と報告義務の日数に違いがあります。 上に書いた通り本腰を入れて動いてもらえる上に、専任媒介契約では自分で買主を見つける事もOKなので、一番オススメの媒介契約ですね。

    <まとめ>

    マンション売却をするにあたってはこの様な契約を不動産会社と結ぶ事になります。 不動産会社としては専属専任または専任媒介契約を結んでもらうことがメリットにはなるのですが、自分がどの様にマンションの販売活動を行いたいのか、契約前によく考えておくのをおすすめします。 どの不動産会社が良いか決まっていない場合は、複数社にまず査定してもらって、その時の対応などで選んでみると良いですよ。